理想の肌を作るファンデーションの塗り方は?

果物を持った女性

ベースメイクで理想の肌の仕上がりに

しっとりとした潤いのある肌に仕上げたい、くすみやしみのない肌に仕上げたいなど、人によってメイク後の肌の仕上がりの理想は違ってきます。しかし、透明感のある美しい肌は誰もが憧れる理想の肌です。肌の仕上がりはファンデーションの塗り方で大きくかわってきます。また、種類や特徴によっても塗り方がかわってきます。化粧下地はメイクの持ちを良くしたり、化粧崩れの防止、肌を滑らかに整えてくれるなどの重要な役割を果たしてくれるものなので、肌にしっかりと馴染ませてベースメイク作りをしておくことが大切です。

パウダーファンデーションの塗り方

パウダーを使用する際は、しっかりメイクをしたい方はパフを使い、ナチュラルメイクにしたい方はブラシを使うようにします。パフの場合は、ファンデーションを取り顔の中心から外側に向かってのせていきます。ブラシの場合はとったファンデーションを手やティッシュの上で馴染ませてむらのないようにしてから、パフと同じように顔の中心から外側に向かって馴染ませていきます。目の周りや小鼻など、よれやすく崩れやすい場所は最後に優しく馴染ませていきます。最後にフェイスラインをぼかして首筋と馴染ませていきます。

リキッドファンデーションの塗り方

リキッドは、しっかりカバーしたい方はスポンジ、ナチュラルに仕上げたい方はブラシとスポンジの両方をしようします。リキッドを一度手の甲にとり馴染ませてから、スポンジにのせます。ブラシの場合はくるくると回して馴染ませます。パウダーファンデーションと同じように、顔の中心から外側に向かって馴染ませていきます。口元や小鼻、目の周りはパフでやさしく押さえて丁寧に塗ります。最後にフェイスラインをぼかします。隠したい場所は厚塗りせずに、ピンポイントでコンシーラーで隠していきます。コンシーラーはファンデーションの後に使います。

ベースメイクで大切なこと

理想の肌に仕上げるためのベースメイク作りとして、大切なことがあります。メイクをする前に重要なことは保湿です。乾燥した肌は、水分が足りなくなると皮脂を過剰に分泌してしまいます。皮脂が必要以上に出ると化粧崩れの原因になり、乾燥した肌は化粧乗りも悪く透明感も出ません。その為、保湿をしっかりと行って肌に十分な潤いを与えてからベースメイクに入ります。化粧下地は、自分の肌にあったものを選ぶようにします。化粧下地はファンデーションとの密着性を高めてくれて過剰な皮脂を予防してくれる効果もあります。自分の肌の状態あった化粧下地を選ぶことが大切です。

化粧下地美容コラム

豊富な化粧下地

秋冬におすすめな化粧下地ってどんなもの?

一年間を通して自分の肌に合っている同じブ...

この記事を読む

化粧下地を塗る女性

プチプラでも優秀な化粧下地を選ぶポイント

メイクをする際に、初心者でやりがちなのが...

この記事を読む

たくさんのブラシと女性

化粧下地はカバー力が重要!毛穴やくすみの悩みを解決する

普段しっかりスキンケアを行っている女性で...

この記事を読む

他の記事を見る

私の比較ランキング

TOP