乾燥肌の人の化粧下地の選び方と使い方について

綺麗な女性

乾燥肌にお悩みの方の化粧下地選びで最も重要なポイントとなるのが、高保湿な化粧下地を選ぶことです。
美容液成分が配合されているものなど、水分・油分ともに多く含まれている下地を選ぶことによってスキンケア感覚で使用することができるため非常におすすめです。
また、保湿効果の高い化粧下地は長時間の使用でも乾燥を防ぐことができるため、塗った直後の綺麗な状態をキープすることができます。時間が経つにつれて皮向けや粉吹きが起きてしまうことにお悩みの方は化粧下地の保湿成分に注目しながら選ぶと良いでしょう。

紫外線効果が高すぎるものは避けましょう

最近では紫外線をカットすることできる日焼け止め効果の高さを売りにしている化粧下地が多く登場しており夏の季節などに愛用している方も多いかもしれませんが、実このような下地は乾燥肌の方にとってあまりおすすめできるものではありません。
SPFの数値が高い下地ほど乾燥を招いてしまうリスクが高く、肌への負担が高くなってしまうため乾燥を引き起こしやすくしてしまうのです。
日常生活ではSPF15〜30ほどで十分な紫外線予防効果があるので、高すぎるSPFの数値の下地は避けるようにすると良いでしょう。

厚塗りはNG!少ないと感じるくらいが適量

化粧下地を塗りすぎてしまうことでその後のファンデーションのヨレにつながり、化粧崩れを引き起こしやすくなってしまいます。また、肌への負担も増加してしまうため乾燥が悪化してしまう可能性があり注意しなければならないポイントです。
化粧下地の量は「少ないかな?」と思うくらいが適量です。1回の使用量は小豆大ほどを目安に、一度手のひらに出し指で頬・おでこ・鼻・顎に乗せてから顔の外側に伸ばすように広げていきましょう。
付け過ぎてしまった場合には、ティッシュやスポンジを使い優しくオフするようにしましょう。

下地の前にオイルを馴染ませるのもおすすめ

高保湿な化粧下地を選んでも目の下や小鼻周り・口周りなどの乾燥が気になってしまう、という方は、下地を塗る前の保湿ケアを徹底して行うことをおすすめします。
通常通り化粧水・乳液で肌を整えた後、美容オイルなどを1〜2滴乾燥が激しい箇所に塗りながらよくなじませることで、化粧下地のみの場合と比べ保湿効果がグンとアップします。
ただし、注意しなければならない点もあります。オイルを塗りすぎてしまうとその後のベースメイクのヨレにつながってしまう場合があるので、あくまでごく少量を塗ること心がけましょう。

化粧下地美容コラム

豊富な化粧下地

秋冬におすすめな化粧下地ってどんなもの?

一年間を通して自分の肌に合っている同じブ...

この記事を読む

化粧下地を塗る女性

プチプラでも優秀な化粧下地を選ぶポイント

メイクをする際に、初心者でやりがちなのが...

この記事を読む

たくさんのブラシと女性

化粧下地はカバー力が重要!毛穴やくすみの悩みを解決する

普段しっかりスキンケアを行っている女性で...

この記事を読む

他の記事を見る

私の比較ランキング

TOP