ナチュラルメイクはベースメイクがポイントになる

化粧を手に取る女性

あまりフルメイクをするよりも、ナチュラルメイクの方が好きという人は結構多いようです。実際オフィスなどでは、上司にも同僚にも好感を持たれる傾向がありますし、また接客業などでも、あまりしっかりメイクをするよりは、ナチュラルな方が清潔感のある印象を与えます。

しかしナチュラルといっても、手抜きをしていいというわけではありません。メークするべき部分はきちんとして、それでいて自然に見せるというのが第一条件です。では、どのような点に注意するのがいいのでしょうか。それにはまず、ベースメイクをきちんとすることが大事です。

お勧めはリキッドファンデとパウダー

ベースメイクは結構難しいと思う人も多いかもしれません。下手をすると厚塗りになってしまい、さりげない雰囲気が崩れてしまうからです。ナチュラルメイクを心がけるには、まず肌の欠点を隠しながら、生き生きとした肌に仕上げることです。

薄づきで自然に仕上がるという点では、リキッドとフェースパウダーがお勧めです。普段乾燥しがちな肌の人も、リキッドならば自然に伸びて、白浮きしないというメリットがあります。乾燥する季節には、クリームタイプもお勧めですが、中にはカバー力が強いものもありますので、その点に気をつけて選ぶようにしましょう。

ファンデで隠れない部分はコンシーラーで

ただ、朝の慌ただしい時間内でのベースメイクは、やはりパウダリーファンデーションが便利という人もいます。今ではパウダリーでも、薄づきで、しかも欠点をカバーしてくれるものが沢山出ていますので、自分に合った物を選ぶようにしましょう。

また、ファンデーションでカバーできない悩みには、コンシーラーを使うといいでしょう。いくらナチュラルであっても、しみやそばかす、色ムラはきちんとカバーしたいものです。肌の色ムラやくすみには、硬めのクリームタイプ、しみやそばかすには、筆ペンタイプのものを使うようにし、ファンデーションよりやや明るめの色を使うとうまく隠れます。

ベースメイク前のスキンケアも忘れずに

またベースメイクをきちんと仕上げるには、その前のケアをきちんとしておくようにします。最低限化粧水と保湿アイテムで肌を整えたうえで、ファンデーションを伸ばすようにしましょう。化粧下地を使う場合は、朝用のスキンケアアイテムと兼用できるものを選ぶのもお勧めです。

それから化粧直しの際には、必ず脂取り紙で鼻や額を押さえてから、ファンデーションやパウダーを付けるようにしましょう。脂を取らずにファンデーションをつけると、そこの部分だけファンデーションが馴染まず、浮いてしまったような状態になるので気をつけてください。

化粧下地美容コラム

豊富な化粧下地

秋冬におすすめな化粧下地ってどんなもの?

一年間を通して自分の肌に合っている同じブ...

この記事を読む

化粧下地を塗る女性

プチプラでも優秀な化粧下地を選ぶポイント

メイクをする際に、初心者でやりがちなのが...

この記事を読む

たくさんのブラシと女性

化粧下地はカバー力が重要!毛穴やくすみの悩みを解決する

普段しっかりスキンケアを行っている女性で...

この記事を読む

他の記事を見る

私の比較ランキング

TOP