黒ずんで汚く見える! ニキビ跡ができる原因は3つあった!

ニキビ跡のないキレイな肌

朝起きて鏡を見てみると、ふと頬に赤いポツポツがあるのを発見……。女性というのは、これだけで1日のテンションが大きく下がってしまいますよね。何とかできるだけ早く治そうと思ってあれやこれやとスキンケアをしてみたものの、結果として待ち受けていたのは『ニキビ跡』なんて経験はないでしょうか? ニキビ跡って黒ずんで肌が汚く見えますし、なかなか消えないのですごく嫌ですよね。

きちんとスキンケアをしたはずなのに、どうしてニキビ跡になってしまうのでしょうか? 今回は、ニキビ跡ができる原因についてお話していきたいと思います。もしかしたら、あなたのスキンケア、間違った方法なのかもしれません……。

ニキビ跡ができる3つのポイント

ニキビ跡ができる原因を知らないことには、いくらスキンケアで対策しても、同じことを何度も繰り返してしまいます。

ニキビ跡ができる原因には、いろんなものがあると思いますが、大きく分けると3つあります。

①生活習慣の悪化
②ニキビの放置
③間違ったスキンケア

主にこの3つがニキビ跡を残してしまう原因と言えるでしょう!

①生活習慣の悪化

みなさんは、不規則な生活習慣を送っていませんか? 生活リズムやストレスの蓄積によってもニキビ跡は残りやすくなります。

例えば、毎日睡眠時間が短かったり、就寝時間が不規則だったりすると生活リズムの乱れに繋がりますし、じゅうぶんな睡眠が摂れないということはストレスの蓄積にも繋がります。

この他にも飲み会などで油っぽい食事ばかり食べていたり、つい入浴をさぼって不衛生な生活をしたりするのもよくありません。自分自身だけでなく、衣類や就寝具、特に顔に触れやすい枕やフェイスタオルなどは、常に清潔さを保つようにすると良いでしょう。

②ニキビの放置

ニキビができた時、あまり触らずに置いておくのが良いって聞きますよね。しかしできたニキビをそのまま放置しておくと、その場所にニキビ跡ができてしまう可能性があるのでよくありません。

私たち人間の手には、知らず知らずのうちにいろんな雑菌がついています。その手でニキビなどを触ってしまうとその菌のせいで余計にニキビ跡が悪化してしまうので、あまり触らずに置いておくのが良いと言われています。

だからと言って何もしなければ、治るのは遅くなってしまいますし、ニキビ跡としても残ってしまいます。つまりしっかりとスキンケアをすることが大切ということですね。

紫外線対策や保湿対策をして、ニキビ跡が残らないようにしていきましょう。

③間違ったスキンケア

ニキビ跡を残さないためには、ニキビを放置せずしっかりとスキンケアをすることが大切です。しかしここで気をつけてほしいのは、間違ったスキンケアをしてはいけないということ。ニキビ跡を残さないつもりでしていたスキンケアも、適切な方法でなければかえってニキビ跡を残してしまいます。

ニキビができている肌は、とても敏感で刺激などに弱い状態になっています。そこにスキンケアのつもりで、マッサージをしてしまうとニキビが傷ついてしまい、ニキビ跡になりやすいです。もちろん早く治そうと思って、ニキビを無理矢理潰してしまうのもよくありません。

意外にもニキビ肌をスキンケアしようとして、ニキビ跡をつくってしまうなんてケースは少なくないようです。毛穴を詰まらせてしまいそうな化粧水を使ったり、効果が強すぎるニキビ用治療薬を使ったりするのも控えた方が良いかもしれません。

洗顔する際も注意が必要ですよ。まず、あまり力を入れてごしごしと洗ってはいけません。優しくなでるようにして洗顔しましょう。またスクラブが大きすぎて肌を傷つけてしまうような洗顔料やそもそも肌質にマッチしていない洗顔フォームなども控えるべきです。冷たすぎる、熱すぎる水で洗顔するのもよくありませんよ。人肌程度のぬるま湯を使って、洗い流す時は少し冷たい水で毛穴を引き締めると良いです。もちろんこのあとは、しっかりと保湿ケアをすることも忘れずに。

まとめ

いかがでしたか? ニキビ跡をつくらないためには、いろんなところに気を使わなくてはいけません。特に生活習慣というのは、どうしても日常的に習慣化してしまっている部分ですから、意識的に改善していくことが必要です。

化粧下地美容コラム

豊富な化粧下地

秋冬におすすめな化粧下地ってどんなもの?

一年間を通して自分の肌に合っている同じブ...

この記事を読む

化粧下地を塗る女性

プチプラでも優秀な化粧下地を選ぶポイント

メイクをする際に、初心者でやりがちなのが...

この記事を読む

たくさんのブラシと女性

化粧下地はカバー力が重要!毛穴やくすみの悩みを解決する

普段しっかりスキンケアを行っている女性で...

この記事を読む

他の記事を見る

私の比較ランキング

TOP