ニキビ跡を改善してくれるベースメイク方法

ブラシで化粧下地を塗る女性

ファンデーションを塗る際に、ニキビ跡を隠したくて厚塗りしてしまうと、余計に跡が目立ってしまったり厚塗り感が出てしまうことがあります。
ニキビ跡には大きく分けて二種類あり、そのタイプによって対処法を分けると、よりきれいに肌を仕上げることができます。

ニキビ跡は色素沈着タイプの場合、ベースメイクで使用するコンシーラーが有効です。
コンシーラーは固形タイプのファンデーションで、一般的なファンデーションよりも肌の気になる部分をより効果的に隠すことができる化粧品です。
ニキビ跡以外にもくまやあざなどを隠すのに使われています。

色素沈着してしまった肌に

コンシーラーは、ベースメイクのなかでも重要な役割を占める化粧品で、ファンデーションを使用しないメイクの場合、コンシーラーとハイライトのみで仕上げることもできる位カバー力に優れています。
ニキビあとの色素沈着は、赤く残るものが多いですが、気になる部分に筆で少しずつなじませるとニキビを目立たなくすることができます。
色素沈着を改善させたい場合、美白ケアが有効ですが、コンシーラーも美白タイプを選ぶことで、気になるニキビ跡を隠しながら症状を改善させることにも役立ちますので、美白成分配合タイプを選択すると良いでしょう。

クレーター状の肌の下地づくり

ニキビ跡が気になる肌のベースメイクで、色素沈着以外のタイプとして多く見られるのがクレーター状の症状です。

これは炎症したニキビがつぶれてしまった際に良く見られる症状で、改善させるのは難しいといわれていますが、目立たなくさせるにはファンデーションを厚塗りせず、毛穴を埋めるパテ状下地で埋めたり、艶感やパール感のある光を味方につけられるベースを使用すると、へこんだ部分が目立たなくなります。
クレーター状の部分にパウダーファンデーションを塗ると、影ができて余計に目立ってしまいますので、光を反射させるタイプのベースメイクが良いでしょう。

薄付きタイプのファンデーションがおすすめ

ニキビ跡は、クレータータイプでも色素沈着タイプでも、完璧に隠そうとせず、跡の部分を目立たなくさせつつ肌のきれいな部分の質感をアップさせることが美肌に見せるポイントです。
パウダー、リキッド、クリームファンデーションなどベースメイクの後に塗るファンデーションの種類は問いませんが、薄付きタイプのほうがニキビ跡のメイクには適しています。
その分、コンシーラーや下地でしっかり気になる部分をカバーしておく必要があります。
コンシーラーで跡がきれいに隠れる場合は、ファンデーションは使わず仕上げはフェイスパウダーのみのメイクも可能です。

化粧下地美容コラム

豊富な化粧下地

秋冬におすすめな化粧下地ってどんなもの?

一年間を通して自分の肌に合っている同じブ...

この記事を読む

化粧下地を塗る女性

プチプラでも優秀な化粧下地を選ぶポイント

メイクをする際に、初心者でやりがちなのが...

この記事を読む

たくさんのブラシと女性

化粧下地はカバー力が重要!毛穴やくすみの悩みを解決する

普段しっかりスキンケアを行っている女性で...

この記事を読む

他の記事を見る

私の比較ランキング

TOP