メイクをする時のファンデを上手く塗るコツとは

ファンデーションを塗っている女性

ファンデをきれいに仕上げるためには、塗る前の準備が大切になってきます。洗顔後のお肌を化粧水で整えて、乳液やクリームを使ってうるおいに蓋をします。こうすることで、保湿効果が高まり、長時間きれいな状態を保つことができます。いきなりファンデを塗るよりも、化粧下地を使ってから塗った方が、皮脂による化粧崩れを防ぐことができます。お肌の赤みなど、色が気になる場合には、コントロールカラーを使うといいでしょう。コントロールカラーはくすみや、クマなどの悩みにも対応することができ、仕上がりの差につながります。

自分に合ったファンデの選び方

たくさんのファンデが販売されていますが、パウダーファンデーションはお肌への負担が軽く、カバー力が少ないという特徴があります。敏感肌の人はパウダーから始めてみるといいでしょう。パウダーのカバー力が物足りない場合には、リキッドファンデーションがおすすめです。カバー力がありますが、お肌への負担は高くなります。クリームファンデーションもリキッドのように高いカバー力がありますが、美容液成分が配合されているので、よりしっとりとした仕上がりになります。自分のなりたいお肌の状態によって、選ぶといいでしょう。

ファンデを塗るコツとポイント

自分に合ったファンデが分かったら、お肌の上にのせていきましょう。内側から外側が基本的な流れで、鼻の付け根からフェイスラインの方に伸ばしていくと、中心に濃く塗ることが出来、だんだんと薄くなっていくので立体的な顔になります。鼻は上から下へと伸ばしていきましょう。小鼻や目元は塗りにくいので、指先を使って細かく塗っていきます。この時、力を入れてゴシゴシ塗ってしまうと、摩擦によりお肌にダメージを与えてしまいます。力は入れずに、やさしく塗るのが大きなポイントです。仕上げに顔から首筋まで伸ばすと自然な仕上がりになります。

塗るときに使うアイテム

ファンデを塗るときは、付属のスポンジやパフを使っている人が多いです。このスポンジは消耗品なので、肌へのノリが悪くなったと思ったら変えましょう。また、塗ったまましまっておくと雑菌が繁殖する原因になるので、まめに洗い清潔な状態を保つようにします。スポンジはお肌へ密着させる効果が高いです。ナチュラルにしたいときは、ブラシを使ってくるくると円を描くようにお肌の上を滑らせましょう。こうすることで、薄い膜をはったような状態になり、カバーしつつきれいなお肌になります。同じ製品でも、使うアイテムによってお肌の状態が変わってきます。

化粧下地美容コラム

豊富な化粧下地

秋冬におすすめな化粧下地ってどんなもの?

一年間を通して自分の肌に合っている同じブ...

この記事を読む

化粧下地を塗る女性

プチプラでも優秀な化粧下地を選ぶポイント

メイクをする際に、初心者でやりがちなのが...

この記事を読む

たくさんのブラシと女性

化粧下地はカバー力が重要!毛穴やくすみの悩みを解決する

普段しっかりスキンケアを行っている女性で...

この記事を読む

他の記事を見る

私の比較ランキング

TOP