ベースメイクで透きとおるような陶器肌を目指す!

化粧下地を塗っている女性

透明感を出すためには化粧下地が重要で、肌のデコボコを整えたり、肌のツヤをアップさせることが出来ます。美容効果があるものやニキビ跡を隠すもの、皮脂や汚れによる化粧崩れを防いでくれるものなどがあります。さらに毛穴を隠すものや色味を加えて血色を改善し、クマやくすみを解消してくれる化粧下地があります。

これら化粧品を上手に組み合わせて、透明感がある陶器のような肌に仕上げます。
特に日本人の肌に合っているのがピーチ系やベージュ系で、パール感があるものを選ぶと透明感を演出することが出来ます。

化粧下地の塗り方とベースメイクのポイント

色々な種類がある化粧下地ですがスポンジを使って塗るのではなく、自分の指を使って丁寧に塗るようにします。指を使って塗ることで均一になり、薄づきになります。ファンデーションのノリも良くなるので仕上がりがとても綺麗になります。

まずは少量を顔全体に馴染ませて、鼻を除いた顔の中でも一番高い位置にある頬骨辺りは重ねて塗るようにします。ファンデーションがヨレやすい口元や目元は指1本で、細かく修正するようにします。透明感を出すためにベースメイクでパール入りの化粧下地を使っている場合は、のっぺりした印象にしないためにも顔の2割狭く塗るようにします。

ファンデーションの選び方

透明肌に仕上げたいときには、ベースメイクにリキッドファンデーションやクリームファンデーションを選びます。リキッドファンデーションならみずみずしい質感になり、若々しい印象になります。水分と油分のバランスが取れているので、ツヤを出すことが出来ます。少しだけでも伸びが良く、薄づきになるのもメリットの一つです。

クリームファンデーションなら保湿力が高く、カバー力があります。シミやくすみなどの悩みがあるときには、クリームファンデーションを選びます。
白く浮いてしまわないようにフェイスラインで色を確認して、自分に合うのかをチェックするようにします。

ファンデーションの塗り方

リキッドファンデーションは手にパール大だけとったら、その3分の1だけをおでこと頬にのせます。鼻は残しておいて、頬の中心からフェイスラインまでしっかり伸ばしていきます。残っているファンデーションで、おでこと鼻を綺麗に塗ります。

鼻周りもきちんと塗って、指先に残っているファンデーションで小鼻や口元、目元などに伸ばしておきます。スポンジでさらに伸ばして、肌が均一になるようにします。
クリームファンデーションはリキッドファンデーションのように塗るのですが、生え際やフェイスラインにしっかり馴染ませることが大切です。

化粧下地美容コラム

豊富な化粧下地

秋冬におすすめな化粧下地ってどんなもの?

一年間を通して自分の肌に合っている同じブ...

この記事を読む

化粧下地を塗る女性

プチプラでも優秀な化粧下地を選ぶポイント

メイクをする際に、初心者でやりがちなのが...

この記事を読む

たくさんのブラシと女性

化粧下地はカバー力が重要!毛穴やくすみの悩みを解決する

普段しっかりスキンケアを行っている女性で...

この記事を読む

他の記事を見る

私の比較ランキング

TOP