くすみ、毛穴をカバーする化粧下地の上手な塗り方

化粧道具

メイクを行えば、様々な肌トラブルを隠すことができます。ただし、ただ単に厚く塗れば良いというわけではなく、それぞれのトラブルに合ったメイクが必要です。厚塗りをすればトラブル自体は隠せますが、全体的に不自然な印象を与えますし、メイク崩れも早くなりますので良い方法とは言えません。
基本的にメイクは薄塗りが肌には優しく、化粧の持ちも良くなります。薄塗りであってもコツさえ掴めばトラブルを隠すことは難しくありませんので、具体的な方法を覚えておくことが重要です。よくあるくすみや毛穴の悩みももちろんカバーできます。

化粧下地を選ぶ際のポイント

くすみによって肌に色むらができている場合、イエロー系の化粧下地が有効です。健康的な肌の色に見えますし、顔全体に塗るのに適したカラーです。クマやたるみの目立つ肌は茶色くくすんでいることが多いのですが、そのようなケースではオレンジ系が適しています。オレンジ系も肌の印象を明るくしてくれるタイプであり、幅広いトラブルに対応できます。その他、若い人に多いのが黄色いくすみです。黄色いくすみにはブルー系が有効なのですが、元の肌色が白い場合には青白く不健康に見えてしまいますので注意が必要です。

毛穴を隠したい時のメイク

毛穴を隠したい時には、肌タイプ別に化粧下地を選びます。オイリー肌の人の場合には油分の少ないものやオイルフリーのものを選ぶ必要があり、紫外線カット機能があることも重要なポイントです。
混合肌の場合には肌にうるおいを与える必要がありますので、保湿成分が配合されているタイプを選びます。保湿成分の働きによって肌を保護することができます。
乾燥肌も混合肌と同様に保湿成分のあるタイプを選びます。肌質に合った化粧下地を選ぶことで毛穴は目立たなくなりますし、ファンデーションのノリも良くなります。

毛穴をカラーコントロールで目立たなくする

毛穴もカラーコントロールによって目立たなくすることができます。小鼻の脇の毛穴や赤みが目立つ場合にはグリーン系を使って目立たなくします。グリーン系は塗り方にコツが必要であり、部分的に少量塗ってそれを周辺に薄く伸ばしていきます。部分使いにしかできないのは、白浮きが目立つためです。赤みを打ち消して毛穴を目立たなくする効果はとても高いのですが、広範囲には使えません。
顔全体の毛穴がたるんでいる時にはイエロー系が効果的です。イエロー系は顔を5箇所程度に分けて少しずつ塗っていき、それを全体に行き渡るように伸ばします。

化粧下地美容コラム

豊富な化粧下地

秋冬におすすめな化粧下地ってどんなもの?

一年間を通して自分の肌に合っている同じブ...

この記事を読む

化粧下地を塗る女性

プチプラでも優秀な化粧下地を選ぶポイント

メイクをする際に、初心者でやりがちなのが...

この記事を読む

たくさんのブラシと女性

化粧下地はカバー力が重要!毛穴やくすみの悩みを解決する

普段しっかりスキンケアを行っている女性で...

この記事を読む

他の記事を見る

私の比較ランキング

TOP