日焼け止めと化粧下地の塗る順番を知っていますか?

化粧下地と化粧道具

紫外線はシミの原因になったり、肌を乾燥させて老化の原因になったりしますので、紫外線が強い季節になるとUVケアが気になりますよね。日傘や帽子などで紫外線を防ぐ方も多いでしょうが、できるだけさまざまなUVケアアイテムを併用しておきたいです。そこで忘れてならないのが、日焼け止めでしょう。顔用や体用がありますので、部位に合わせたものを使って紫外線から肌を守りましょう。紫外線が強い季節に屋外で過ごす時間が長い人ばかりでなく、ちょっと買い物くらいの時でもきちんと使っておくようにしましょう。

日焼け止めを先に塗る

朝のスキンケアとメイクには、アイテムを使う順番が大切です。朝は洗顔をしてそれから化粧水、美容液、乳液といった順番で肌のお手入れをされる方が多いでしょう。そこで気になるのが、化粧下地と日焼け止めのどちらを先に塗ればよいかということです。正解は、日焼け止めを先に塗り、化粧下地を後から塗るという順番です。どちらを先に塗るのか迷いがちですが、乳液がなじんだら、先にUVケアをするようにしましょう。顔全体にムラなく塗り、特に鼻など高い部は日焼けをしやすいので、しっかり塗っておくことをおすすめします。

下地はファンデーションののりをよくする

なぜ化粧下地を後に塗るかというと、化粧下地の意味を考えれば納得するでしょう。下地はファンデーションのノリをよくするために塗るものです。そのため、ファンデーションの直前に塗ることが効果的です。化粧下地には、ファンデーションのもちをよくするものもありますので、美しいベースメイクには欠かせないものです。下地をきれいに塗っておくことで、ファンデーションの仕上がりにずいぶん差が出てきます。暑い季節は化粧崩れが気になる人が多いでしょうが、化粧下地には汗や皮脂による崩れを防ぐ効果があるものもありますので、ファンデーションを塗る直前に使ってメイク効果を上げましょう。

美肌を目指すなら日焼け止めは1年中

紫外線が強くなる春夏にはUVケアをしっかりするのに、秋の気配がしてくるとやめてしまう人もいるでしょう。春夏にしっかりUVケアをすると、秋ごろには使い切ってしまいますので、それを機に使用をやめてしまう人もいるかもしれません。しかし、美肌を誇る人は、1年中UVケアを欠かさないという人も少なくないようです。日差しが強くなくても紫外線は降り注いでいるので、夏のように強くなくても1年中紫外線を浴びています。肌のことを考えると、日焼け止めを使うのは春夏だけでなく、1年中続けるのがいいと言われています。

化粧下地美容コラム

豊富な化粧下地

秋冬におすすめな化粧下地ってどんなもの?

一年間を通して自分の肌に合っている同じブ...

この記事を読む

化粧下地を塗る女性

プチプラでも優秀な化粧下地を選ぶポイント

メイクをする際に、初心者でやりがちなのが...

この記事を読む

たくさんのブラシと女性

化粧下地はカバー力が重要!毛穴やくすみの悩みを解決する

普段しっかりスキンケアを行っている女性で...

この記事を読む

他の記事を見る

私の比較ランキング

TOP