化粧直しが大変

メイクといえば、女性の特権でもありますよね。
(近頃は、趣味嗜好の多様化で男性でもメイクをする人が増えていますが……。)

ただ女性にとってメイクというのは、息をするのと同じくらい当たり前のことではないでしょうか。

確かにメイクをすることで、自分自身を美しく見せたり可愛く見せたりすることができます。でもその分、面倒事や悩み事なんかもあるんですよね。

そうそれが『化粧直し』や『化粧崩れ』です。

せっかく上手くメイクできても、時間が経つとヨレたり崩れたり……。化粧直しをしたら余計にグチャグチャ……。
なんてこともあるのではないでしょうか。そんな時、上手に化粧直しできるようにちょっとしたコツをご紹介していきます。

また化粧崩れの原因やできるだけ化粧崩れを起こさせないための方法もお話していきますよ。

化粧崩れの原因って一体なに?

化粧直し以前に、どうして化粧崩れを起こすのか、その原因について知っておきましょう。化粧崩れの原因を知ることは、化粧崩れ対策に直結します。
化粧崩れの根本原因を知って、そこをどう対策していくかということが大切になってくるわけですね。

化粧崩れの原因には、体質的なものもあれば環境的なものもあります。では、原因としてどういったことがあるのでしょうか?

乾燥

化粧崩れの原因として、まず『乾燥』が挙げられます。肌が乾燥してしまうと、皮膚はどうなるかご存知ですか?
きっとみなさん突っ張った感じがしたり、皮膚が粉を吹いたように白くなったりといったことをイメージしていると思います。

しかし肌が乾燥すると、皮膚は皮脂を分泌しようとします。そうすることで肌の水分を補おうとするのです。
ですから乾燥しすぎてしまうと、皮脂が過剰分泌されてしまう可能性もあるのです。

そうなると過剰分泌された皮脂によって、化粧が浮き上がってしまいます。結果、化粧崩れを起こしてしまい、化粧直しが必要になるというわけですね。
乾燥は、冬など寒い季節に起きがちなので、普段からしっかりと保湿ケアをしてあげることが大切です。

もう1つ原因として『汗』があります。こちらは、夏場などの暑い季節にありがちな原因。
汗をかくことで、その汗と一緒に化粧も落ちてしまうというわけです。これが汗による化粧崩れの原因です。

電車の中や作業中などすぐに化粧直しができない時もあると思います。そういった時もあせらずに、ハンカチやハンドタオルで優しく押さえるようにして拭き取ると良いです。

化粧直しのコツ

皮脂や汗で化粧崩れを起こすと、面倒なのがファンデーションです。
ファンデーションって、化粧直しをしようと思ってもヨレてしまうことが多いですよね。
でもしっかりとコツを掴んでおけば化粧直しも上手くいくようになります。

ファンデーションの化粧直しのコツをご紹介していきます。

1.皮脂と汗をとる時はこすらない

化粧直しをする時は、まず余分な皮脂や汗を取り除くことが第一。

この時に気をつけてほしいのが、皮脂・汗の取り方です。

ついしっかり拭き取ろうとこすってしまう人もいるのではないでしょうか。しかしそれは失敗に繋がりやすいのでやめましょう。
皮脂や汗をとる時は、優しく押さえるようにするのが良いです。

皮脂であれば、油取り紙などを使ってそっと押さえるようにして取りましょう。
汗は、使い捨てスポンジで押さえて取るといいです。

2.皮脂は取りすぎない

先ほど、化粧直しをする時は、皮脂と汗を取ろうという話をしましたが、皮脂は取り過ぎてしまってはいけません。

というのも、皮脂を取り過ぎると、皮膚は足りない分の潤いを補おうと余計に皮脂を分泌しようとします。

あくまで軽く押さえた時に取れる分だけで問題ありません。皮脂は取りすぎないようにするということを頭の片隅に置いておきましょう。

3.ヨレたファンデの上に重ねない

ファンデーションを塗り直す時は、ヨレた部分の上から塗り重ねてはいけません。

塗り重ねると、余計にヨレたり化粧崩れしたりする原因になってしまいます。

では、どうすれば良いのかというと、こういった時は乳液を使います。ファンデーションのヨレた部分、化粧直ししたい部分に乳液を付けて優しく拭き取りましょう。
拭き取ってから塗ると綺麗に化粧直しができるはず。

4.コンシーラーは厚く塗りすぎない

シミが気になる部分やメイクオフした部分は、コンシーラーを使って対応すると良いです。

ただ1点気を付けてほしいのが、厚く塗りすぎないということ。
塗る時は、薄く伸ばすようにして塗りましょう。まわりとの境目をぼかすイメージで塗ればOKです。

5.パウダーをそのまま塗らない

コンシーラーで整えたら、パウダーファンデーションやフェイスパウダーを塗ります。

ただスポンジなどを使って上からファンデーションを塗らないようにだけ気をつけます。
そのまま上から塗ってしまうと、ヨレたり厚くなったりするからです。
なので、パウダーファンデやフェイスパウダーを使う時は、軽くはたいてパウダーを落とします。
そうすることで、化粧直しが上手くいくでしょう。

このお悩みについての感想・まとめ

いかがでしたか? 化粧直しのコツを知っていつでも完璧な女性を目指しませんか? もちろん化粧直しだけを意識するのではなく、普段のスキンケアにも気を使いましょう。 乾燥は、普段の保湿ケアで対策することができます。 乾燥を防げば、皮脂の過剰分泌も抑えることができますよ。 そして化粧崩れを事前に防ぐためにも、化粧下地を塗っておくと良いです。 化粧下地を塗ってからファンデーションを塗ることでノリが良くなります。 化粧下地は、皮脂を吸着して化粧崩れを起こしにくくしてくれます。 1日経っても化粧崩れ知らずなら、化粧直しの回数も手間も減って良いですよね。

その他の記事も読む

美容ライターによる直筆コラム

メイク道具を使って化粧をする女性

『化粧下地はメイクの命!化粧下地の効果と選び方』

メイクをする女性なら必ず知っている「化粧...

この記事を読む

ニキビ跡のないキレイな肌

黒ずんで汚く見える! ニキビ跡ができる原因は3つあった!

朝起きて鏡を見てみると、ふと頬に赤いポツ...

この記事を読む

かき氷を食べる女性

秋の肌荒れは夏のせい? 胃腸を元気にして季節美肌を手に入れる3箇条!

秋になると、何だか肌が荒れてしまったり、...

この記事を読む

他の記事を見る

私の比較ランキング

TOP